住民票を異動

引っ越し等をすると住民票を異動させると思いますが、転出届けや転入届等の記入欄に「転出する人」「転入する人」と言う欄がそれぞれ有ります。例えば健康保険証や保険料納付、税金の請求書等が有りますが、お気付きになっている方もいると思いますが世帯主の方宛てに届けられているのです。個人で管理してしまうとかなり大変な事になっていますので世帯毎の単位の方が色んな手続きに対応出来ると言う事になります。」と言う答えが返ってきます。でもその世帯の中に経済的に自立している方が他にいるのであれば、その方はちょっと残念な気持ちになるかもしれません。

役所に連絡して「国民健康保険料が全て一括で書かれているけど、旦那の分はいくらで、妻の分はいくらですか」と聞いてみると、「世帯毎の料金になっているのでどう分けて頂いても構いません。住民票の中身は個人単位と言う事になりますが、役所での管理は世帯毎になっています。でもこれは管理のしやすさと言う事を取っているのかもしれません。戸籍と言うのは戸籍の中にいる人全員で1つの戸籍と言う単位になっています。

お住まいの役所から色々書類が送られてくる事が有りますよね。これでは何となく嫌な感じがしても仕方ありませんよね。そこに記入する人で1つの世帯と言う単位になるのです。代表者として世帯主の方に送付しているのです。

引っ越しではこうした異動が発生しますので必ず手続きをしておく必要が有ります。それに対して住民票と言うのは基本が個人単位となっていて、それが世帯単位にまとめられている形態となっています。役所的にはその方が管理しやすい様なのです。世帯主は大抵の場合はその家の主人ですのでお父さんとか旦那さんになりますよね。


役所

印鑑証明書は取得出来る条件が明確化されているので良いのですが、本人でも取れないケースが出てきますので場合によってはトラブルになる可能性が出てくるそうです。住民票の場合は個人の住民票、世帯全員の住民票、誰かが世帯から抜けた事を表す除票と言う物も有ります。その上印鑑登録証と言うカードを使わないと本人でさえも印鑑証明書が取れない様になっています。それだけ交付が頻繁に行われているのだから内容自体は単純なんじゃないのかなと思ってしまいがちですが、実は意外にも複雑だったりするのです。

引っ越しの時も住民票を異動しますので直ぐに理解しやすそうですよね。引っ越しの時は転出と転入と2段階で手続きを行う様になります。また印鑑証明書は種類が1つですので住民票や戸籍の様に謄本だったり抄本だったり、全世帯だったり個人だったりと区別される事が無いのです。

役所の中で一番交付率が高いのが「住民票」だと考えても良い程、住民票の交付は頻繁に行われる作業らしいです。ではどの様に住民票は複雑なのでしょうか。場合によってその種類を区別して取得して行かなければならないのです。

印鑑証明を例に挙げてみると請求できる人は限定されていて本人か本人が依頼した代理人と言う形になっています。印鑑証明書が単純な証明書である事は分かっていただけたかと思いますが、やっぱり住民票はそれ以上に複雑で、戸籍よりも複雑だと言う人もいる様です。こうした知識を付けた上で適切な住民票を取得しましょう。


警察

引っ越しをして次の転居先に転入届を出さない場合もそうですが、理由によっては住民票を職員の職権で削除して住所不定になってしまう事も有るそうです。この「住所不定」と言うのはどういう事なのでしょうか。考えた通りにホームレスの方で定着させる住所が無い場合も有るでしょうし、引っ越したまま転入届をだしていなかったと言う事も有るでしょう。

つい忘れたとか面倒とか言わずに、住所不定にならない様に手続きはしっかりと行う様にしてくださいね。ですから様々な事情が有って住所不定と言う状態になっている事も有ると思います。よくテレビのニュース等で「住所不定無職の何とかさんが・・・」と言う言葉を聞いた事が有りますよね。

単純に考えると住所が決まっていない人、ホームレスの人等の事を指しているのかなと考えると思うのですが本当はどういう事か分かっている人は少ないと思います。実際にどんな感じで住所不定になっているかは人それぞれなのです。その時に住所が登録されていないと言う場合が有るそうで、これを「住所不定」と呼んでいるのだと思います。

警察が関与して発表をしていると言う場合、警察はその人の事を住民票を基にして調べるそうで、結構役所に警察から問い 合わせをされる事が多いそうなのです。役所からしてみたら住所不定の場合は本来住民票の手続きをしてほしいと思うので すが、住所が分からなくなってしまっている為に連絡が付かず出来ないと言うのが現状の様です。 また変わった例でいうとホームレスの人が住んでいる公園などを住所として登録してしまうケースです。 登録されそうにありませんが、過去に実際に登録許可がおりたことがあるようです。


<<前エントリ | 次エントリ>>