医薬品を製造

後発であっても、すでに販売されている医薬品を製造するのですから、それほど難しい技術ではありません。東和薬品は2007年度の決算で200億円以上の売り上げとなっていますが、前年比で2割増です。これまでのジェネリックは正規品と比較すると、一段レベルが低いようなイメージでした。ジェネリック医薬品を専門に販売しているメーカーもたくさんあるのです。安いだけで信頼性に欠けていると見られていたのです。

前述の大洋薬品でも1割以上の売り上げ増となっているのです。この金額もすごいですが、これがジェネリックでなければ、その倍の1000億円になっていたのです。医薬品業界がどれだけ儲かっているかを示すものとも言えるでしょう。沢井製薬も260億円の売り上げで3割増です。大洋薬品は後発としてジェネリックを積極的に販売してきました。

いくつかの代表的な企業を紹介しましょう。しかし、医師が積極的に使用することによって、ジェネリックに接する機会が増えて来ました。現代ではジェネリックは当たり前のことになっているのです。それだけジェネリックの需要が高まっていることを示しています。

薬代が減少し、その分医療保険の財源確保が容易になることで、将来における保険事業が安泰となるのです。大洋薬品はジェネリック医薬品を中心に製造販売していますが、2006年度のデータでは467品目で売り上げ470億円です。同じような企業が増えることによって、競争原理によってさらに価格が下がっていくことが期待されます。薬代を削減するための手段としてジェネリック医薬品が注目されています。


医薬品を処方

自分が今まで処方してきた経験のある医薬品を処方するのが一般的です。もちろん、ジェネリックが存在していない薬もあります。言葉としてのジェネリック医薬品は皆さんも知っているでしょうが、実際にどのようなジェネリック医薬品があるかを把握している人は少ないでしょう。パソコンやインターネットでジェネリックが検索できますから、あなたも試しに自分が飲んでいる薬のことを調べてみませんか。これならば医師もジェネリックを間違いなく使用できます。

医師もすべての医薬品のことを知っているわけではありません。意外とたくさんのジェネリックがあることでしょう。しかし、ジェネリックを積極的に使用することが大事ですから、ある薬のジェネリックの情報があれば非常に有効活用されることが期待できます。それは特許の有効期限が切れていないものです。

医薬品の名称を入力すれば、それに対するジェネリックが検索できるのです。もちろん、日本中でバラバラにデータを入力しているわけではありません。そのような考えに基づき、ジェネリック医薬イン検索のシステムがあります。このようなデータベースは各県の薬剤師会が構築しています。

薬剤師などもジェネリックのことを調べる機会があるでしょう。これからの医薬品はジェネリックをメイ ンとして製造されることになるでしょう。ジェネリックの場合は名称が似通っていますから、何となく わかるのですが、確実なところを確認しておかなければなりませんね。医薬品のデータベースがあるの です。ジェネリック医薬品は今ある薬を本当に安くしてくれるので、高齢化社会には必需品なのです。 今のうちから正しい知識をもっておきましょう。


<<前エントリ | 次エントリ>>